ダイエット

脚(太もも)痩せのカギは“普段の歩き方“にアリ!ダイエット効果も見込めるウォーキング術を紹介

脚痩せ効果に期待ができる歩き方

ダイエットに取り組んでもなかなか痩せることが難しい足ですが、実は歩き方ひとつで太くも細くも変化します。

実際に”歩き方を変えたら痩せた”なんて声もちらほら。

そこで今回は、避けるべき歩き方と脚が引き締まる歩き方のポイントをご紹介。
「できるだけ手間をかけずに脚やせしたい・・」なんて方必見です!

スポンサーリンク

脚が太いのは歩き方が原因!?NGな歩き方を紹介

歩き方次第では脚の関節や骨盤が歪み、上半身を支えるための余計な筋肉がついてしまいます。(参照:南青山「足から治療院」クレアーレ)
以下のような間違った歩き方を続けると、脚は痩せないどころか太くなる一方なので要注意。

  • 歩くスピードが速い
  • つま先に重心がかかっている
  • 猫背になっている
  • 内股やガニ股になっている
  • 足を引きずるように歩いている
  • 浮指になっている
    ※足の甲の筋肉が固まり、指が常に浮いている状態のこと

特に普段パンプスなどのヒールを履く機会が多い女性は、つま先に重心がかかりやすいため注意が必要です。

血流やリンパの流れが悪くなりむくみの原因にもなるため、意識して避けるようにしましょう。
(参照:流カイロプラティック院)

普段の徒歩で脚痩せできる!正しい歩き方を徹底解説します

例え普段の通勤・通学だとしても、歩き方を改善すれば脚やせに繋げることが可能です。
重要順にまとめたので、以下のポイントを押さえて歩いてみてください。

  1. 背筋を伸ばし、姿勢を整えて歩く
  2. 指の力を抜き、ふくはらぎを使って歩く
  3. 下半身全体で進むイメージを持って歩く
  4. 腹筋に力を入れながら歩く

個人差はありますが、少なくとも半年以上意識して歩けば変化を感じられるでしょう。
むくみが改善されることで、たった1日で脚がスッキリすることも◎

正しく歩いて脚にかかる負担を軽減し、必要のない筋肉や脂肪を削ぎ落としましょう。

①背筋を伸ばし、姿勢を整えて歩く

脚痩せするためには、大前提として姿勢を整えて歩くことが大切です。
姿勢を正すと血液の循環がよくなり、むくみの元となる老廃物の停滞を防ぐことができます。(参照:東京美容外科)

耳・肩・腰・膝・くるぶしが一直線になるように意識することがポイント。

いい姿勢をキープして、体にかかる余計な負担を軽減しましょう。

②指の力を抜き、ふくらはぎを使って歩く

足の指の力はなるべく抜き、ふくらはぎを使って歩きましょう。
ふくらはぎの筋肉を動かすためには足首を大きく動かすのがポイントです。

前に進むときは足首の動きを阻害しない、中指~小指の3本で地面を押すのがおすすめ。
ふくらはぎのエネルギー消費率が上がり、むくみの解消に期待ができます。

着地するときはかかとから入り、つま先に体重を移動させながら離すように意識してくださいね。

③下半身全体で進むイメージを持って歩く

下半身全体を使って前に進めば、これまで太ももにかかっていた負担を減らせます。

脚からではなく腰の骨(骨盤)から前に出すように歩くのがポイント。
モデルの人が行う”モデルウォーク”を真似て歩くと簡単にマスターできますよ。

また歩幅を広げると消費カロリーがアップするため、普段より1.5倍程大きく歩くように意識しましょう。(参照:横山内科)

ただしやりすぎは姿勢が崩れる上に疲労が溜まりやすくなるので、自分に合った歩幅を見つけてくださいね。

④腹筋に力を入れながら歩く

脚やせを目指すなら、常に腹筋に力を入れて歩くようにしましょう。

”上半身は上半身で支える”と意識することで、下半身に余計な負担をかけなくて済みます。
また使う筋肉が減ることで下半身についた余分な筋肉や脂肪を削ぎ落とすことが可能です。

呼吸は止めずに、お腹を凹ませるイメージで歩きましょう。

本気でダイエットするなら【ウォーキング】で更なる脚痩せを目指そう

ポイントを押さえて最低でも15分~20分間歩くさらに脚を細くしたい人は、ウォーキングを行うのがオススメです。
脚全体を使ううえ有酸素運動なので、より高い脚痩せ効果が期待できます。

前述した歩き方のポイントを意識して最低15分~20分間、慣れたら1時間歩く時間を作りましょう。※タップで詳細の項目にスクロールします。
(参照:ハートフルクリニック北井内科)
またランニングシューズなどの運動靴で歩くとさらに効果的です。

ジョギングやランニングと比べて身体への負担が少ないので、運動が苦手な方や体力に自信がない方でも続けやすいですよ◎

もっと知りたい人向け!ウォーキングと脚痩せに関するQ&A

Q.ウォーキングで脚痩せするにはどのくらいの期間が必要ですか?

取り組み始めて約3ヶ月ほどで変化を感じられる脚痩せ効果が出る期間には体型や体質によって異なるため、ハッキリと言い切ることはできません。

ただし取り組み始めてから約3ヶ月程経てば、違いが分かるようになってくる可能性大◎

1週間などの短い期間で結果は求めず、気長に自分のペースで取り組むことが大切です。

Q.「ウォーキングで太ももが太る」って本当ですか?

ウォーキングでは”遅筋”という太くならない筋肉を使用するため、基本的に太ももが太ることはありません。(参照:みらいクリニック)

とはいえ間違った歩き方は太くなるリスクがあるので、正しい歩き方をしっかり押さえたうえで行うことが重要です。※タップで詳細のページにスクロールします。

 

歩き方の改善で日常的に脚痩せ可能!スッキリとした美脚をゲットしよう

歩行は日常生活と密着しているからこそ、脚へ与える影響は大きいもの。
歩き方を少し意識をするだけで、特別な運動をしなくても日常的に脚痩せが可能です◎

正しい歩き方をしっかり身につけて、誰もが羨む美脚を目指しましょう。

スポンサーリンク