バストのお悩み

胸を柔らかくする5つの方法を紹介!1日5分でマシュマロおっぱいになろう

固くなった胸を柔らかくする方法を紹介する記事のアイキャッチ

胸のサイズだけでなく、柔らかさを気にする方は意外と多くみられます。

胸の硬さは体質だから変えられないと思いがちですが、実は柔らかいおっぱいに近付くことは可能なんです◎

今回は、胸が硬くなる原因や胸を柔らかくする方法を解説。
自宅で取り組める簡単な方法で、ふんわり弾力のある理想のバストを手に入れていきましょう。

スポンサーリンク

おっぱいが固いのはなぜ?胸が硬くなる3つの原因

おっぱいが固くなってしまう原因は以下の場合が多いです。

※タップで各原因にスクロールします。

バストの周りにも筋肉があるので、筋肉が硬さに影響を与える可能性はあります。

胸の柔らかさが損なわれている原因を以下で詳しく見ていきましょう。

しこりがある場合は乳がんの可能性も!

胸が硬く「しこり」があると乳がんの可能性があります。

胸を手のひらで撫でるように触ったときに、“パチンコ玉”ほどの大きさのしこりがある場合は要注意!

痛みはほとんどありませんが、ある時は乳腺症といった胸の病気の可能性もあるので早めに医師に相談してくださいね。

(出典:千葉県済生会 習志野病院

【原因①】バスト周辺の筋肉のコリやこわばり

バスト周辺の筋肉が凝り固まると、胸の柔らかさも損なわれます。

胸は「脂肪のかたまり」というイメージがありますが、大胸筋・小胸筋といった筋肉が土台。
そのため胸も肩と同様に、筋肉や筋が張り詰めていたり固まってしまうのです。

特にスマホの見過ぎやデスクワークで姿勢が悪いと、筋肉が凝りこわばってバストが硬くなりやすいので注意しましょう。

【原因②】筋トレのやりすぎ

筋トレでバストの筋肉「大胸筋」を鍛えすぎると、筋肉がついて硬くなります。

バストアップには、胸を支えている大胸筋を鍛えるのが効果的。
ですが過剰に鍛えてしまうと、筋肉が発達しすぎてしまうのです。

バストアップや美乳づくりのために筋トレしている方は、やりすぎに注意してください。

【原因③】身体の冷えによる悪影響

体が冷えると栄養素が行き渡りにくくなるため、皮膚や筋肉に悪影響を与えてしまいます。

リンパの流れも悪くなるため老廃物がたまり、新陳代謝が低下して胸が硬くなる原因に。

また脂肪は体を冷やさないようにする働きがありますが、一度冷えると温まりにくくなる特徴があります。
胸は約9割が脂肪でできているため、冷えると固くなりやすく弾力も失われてしまうのです。

日頃から体を冷やさないように、心がけて生活してくださいね。

【自宅で簡単】胸を柔らかくする方法5選

バストを柔らかくするには、以下の4つような方法が効果的です。

※タップで各方法にスクロールします。

効果が期待できる順番に並べたので、上から試してみてください!

【①マッサージ】胸の筋肉をもみほぐす

胸を柔らかくするマッサージのやり方以下のようなマッサージは、大胸筋と小胸筋をほぐす効果が期待できます。

  1. 二の腕から脇に向かってさする(10回
  2. 脇下⇒アンダー⇒胸の上部という順にさする(10回
  3. 三本指で鎖骨の下あたりを円を描くように押しほぐす(1分
  4. 胸の上部から耳下に向かってさすり上げる
  5. 反対の胸も同様に行う

マッサージを行う際は、マッサージクリームを塗るのがポイント。
摩擦による肌への負担を減らすだけでなく、潤滑剤になるのでスムーズにマッサージできますよ。

1日の終わりにマッサージをして、胸の柔らかさを取り戻していきましょう!

【②ツボ押し】コリの解消や乳腺発達に効果的

仕事の合間などに手軽に胸の柔らかさを取り戻すなら、以下の2つのツボ押しを試してみてください。

中府(ちゅうふ)
中府というツボの押し方

鎖骨の下から外側に向かったところにあるくぼみが「中府」。
中府には胸の筋肉をほぐす効果が期待できるので、コリや強張りの解消に繋がります。

  1. ツボの反対側の手をツボに当てる
  2. 痛気持ちいいくらいの力でツボを押す
  3. 10回深呼吸をする
天溪(てんけい)
天溪というツボの押し方

天溪は乳首のラインから外側に向い、バストの端にあるツボ。
乳腺の発達を促す効果が期待できます。
(出典:医道の日本社

  1. ツボに親指を当てる
  2. 息を吐きながら斜め上に向かって5秒押す
  3. 5秒かけて力を抜く
  4. 10回繰り返す

ツボを押すときは息を吐き、力を抜くときは息を吸うことを意識して行いましょう。

ツボを押す前に大きく息を吸い込みます。そして細く息を吐きながらツボ押しを始めます。押している間はずっと息を吐き続けます。

(出典:四国医療専門学校)

押すだけで手軽にふんわりバストに近づけるので、早速試してみてくださいね◎

【③ストレッチ】胸の筋肉を伸ばして刺激

胸を柔らかくするストレッチのやり方デスクワークなどで同じ姿勢の方は、以下のようなストレッチで胸の筋肉をほぐしましょう。

  1. あぐらをかいて座る
  2. 背中側で両手のヒジを掴み腕を組む
  3. 深呼吸しながら30秒キープ

後ろで腕を組むことで胸の筋肉が広がり、柔軟性が高まることでコリの解消と血流促進が期待できます。

胸の筋肉を開くイメージで取り組むとやりやすいですよ。

腕を後ろで組むだけなので、動画やテレビをみながら試してみてください。

【④食生活の改善】胸の成長を助ける食品を摂る

胸を柔らかくするなら、乳腺の発達を助ける食事も意識してみてください。
以下のタンパク質やイソフラボンを多く含む食品が効果的です。

《タンパク質》

  • 肉類
  • 魚類
  • 豆類

《イソフラボン》

タンパク質は体を作るのに重要な成分で、乳腺の発達に必要な女性ホルモンの分泌を促してくれる効果があります。
(出典:厚生労働省

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似たはたらきがあるので胸の成長を助けてくれるでしょう。

大豆イソフラボンの特徴は、女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)に似た働きをし、女性の美しさや若々しさを手助けしてくれる事にあります。

(出典:総合南東北病院

上記の食品の効果で乳腺が発達すれば、脂肪が増えて胸が柔らかくなるはずですよ◎

【⑤身体を温める】バスタイムをとる

毎日湯船に浸かる時間をとり、血行を促進しましょう。

上記でも述べた通り、冷えは脂肪(胸)を固くする原因になります。
また胸の成長に必要な栄養もい行き渡りにくくなってしまうので、毎日のバスタイムでしかりと身体を温めましょう。

お湯の温度は38~39度で10~15分程度浸かるのが目安。
リラックス効果もありホルモンバランスを整えることにも繋がるので、シャワーだけで済ませていた方はぜひ今日から入浴を習慣づけてくださいね。

胸を柔らかくする5つのメリット

胸が柔らかくなると、以下のようなメリットも得られるでしょう。

  • バストアップ効果
  • 新陳代謝アップ
  • 冷え性の解消
  • 肩こりが楽になる
  • 姿勢が良くなる

胸が柔らかくなるということは胸が硬くなる体質が改善されるので、コリや冷え性の改善が期待できます。

また硬くなっていた筋肉がほぐれることで、姿勢が良くなり代謝もアップ。

胸の脂肪が増えることでボリュームアップも目指せて、一石何鳥にもなりますよ!

今からでも柔らかい魅力的な胸はつくれる!

胸の柔らかさに満足していない方は、今回紹介した方法を試してみてください。

胸の弾力がイマイチなのは、コリや乳腺の未発達などが影響しています。

マッサージやストレッチを今日から行って、ふわふわバストを手に入れましょう!

スポンサーリンク

ABOUT ME
外咲 愛
外咲 愛
1995年 東京生まれ。 下着のセレクトショップの店員で働いていたところ、ブランドマネージャーに声をかけられてLK.Fit編集部メンバーに。 昔から胸にコンプレックスがあり、様々なバストアップ方法を日々試し続けている。 お寿司がこの世で1番好きで、現在ハリネズミと暮らしている。