バストのお悩み

胸の形が悪い原因は?バストの形をよくする6つの方法を紹介します

胸の形が悪いのを治す方法を紹介する記事のアイキャッチ

自分の胸の形が悪いと思っている方は意外と多いもの。
一般的に綺麗な形とされるバストの条件は以下の通りです。

  • 鎖骨とバストトップを結ぶと正三角形になる
  • バストが横に流れていない
  • 半球型やおわん型

鎖骨の中心部を頂点として乳首を結んだ時に、正三角形になっているのがバストが綺麗に見える黄金比といわれています。

そこで今回は胸の形が悪くなる原因や胸の形を整える方法をご紹介!
当記事を参考にして、ふっくらしたキレイな形のバストを手に入れましょう。

スポンサーリンク

胸の形が悪い原因を詳しく解説

胸の形が悪くなってしまう大きな原因の一つが、クーパー靭帯が伸びてしまうこと。
クーパー靭帯とは胸を支える靭帯のことで、伸びたり切れたりすると胸の形を維持しにくくなります。

特に以下のような習慣はクーパー靭帯に悪影響なので注意が必要です。

  • サイズの合っていないブラをつけている
    ⇒適切な位置でバストを支えられず型崩れする
  • ノーブラで寝ている
    ⇒寝ている間に横に流れたり崩れたりする
  • スポブラをつけずに運動している
    ⇒胸が揺れてクーパー靭帯が伸びる
  • 過度な食事制限や偏った食事をしている
    ⇒栄養の偏りによって胸の成長を阻害する
  • 猫背で背中が丸まっている
    ⇒胸の筋肉が衰えやすくなる

上記は胸の形を悪くすることに繋がってしまうので、心当たりのある方は気を付けながらバストラインを改善していきましょう◎

胸の形のタイプは7種類!あなたの胸はどのタイプ?

一般的に胸の形は大きく7種類に分けられます。

冒頭でも述べた通り、この中で理想なのは半球型・おわん型のバストです。
ほどよいボリュームとハリある綺麗なバストなので、当ページを参考に上記の形を目指していきましょう。

皿型

バストが皿型の人の特徴お皿を裏返したような形が「皿形」。
胸に高低差がなく、胸にボリュームが出にくいタイプです。

胸に脂肪が少ないので重さによる負担が軽く、垂れにくいというメリットもあります。

おわん型(お椀型)

バストがおわん型の人の特徴その名の通りおわんを裏返したような形のタイプで、理想の胸の形の一つです。

正面から見ると丸いお椀のような形をしていて、上下の脂肪のバランスもちょうど良い状態。

乳腺が発達し脂肪も多いことからCカップ以上の女性に多くみられます。

半球型

バストが半球型の人の特徴おわん型に似た「半球型」は、乳首の上半分と下半分の比率がほぼ同じになっているタイプ。
日本人に多い胸の形で、おわん型より一層均等に胸が膨らんでいるのが特徴です。

ふっくら弾力もあるので、綺麗な胸を手に入れるならこの半球型を目指すといいでしょう。

下垂型(ヤギ型)

バストが下垂型の人の特徴「ヤギ型」とも呼ばれる下垂型は、デコルテにボリュームがなく垂れている形のことです。

元々バストが大きい人がなりやすく、胸の重さでクーパー靭帯が伸びてしまうとなる形。

バストの上半分にボリュームがない方は、下垂型予備軍なので注意してください。

三角型

バストが三角型の人の特徴デコルテに脂肪がなく、トップが上むきになっている人は「三角型」に当てはまります。
小さめでハリのあるバストが垂れることが原因です。

産後や乳腺が発達途中の成長期にもなりやすいので、胸の形を整える対策を心がけましょう。

円すい型(ロケット型)

バストが円すい型の人の特徴円すい型は、胸の上半分が長く突き出したような胸の形。
乳腺が発達しているが脂肪が少ないといった体質の人に多いです。

円すい型は遺伝による要素が大きいため、あとから円すい型を目指すのは難しいでしょう。

つりがね型(しずく型)

バストがつりがね型の人の特徴円すい型のようにボリュームがあり、バストトップの位置が低いのが「つりがね型」です。
正面から見るとしずくに見えることから、「しずく型」とも言われます。

巨乳の人に多いタイプで、脂肪が多く柔らかい上にボリュームがあるのが魅力。

しかしダイエットや加齢などで脂肪が減ると、萎んで垂れやすくなるので注意が必要です。

下垂型や三角型の方は形が悪くなり始めているので、早めに改善する必要があります。

円すい型やつりがね型はボリュームがある反面垂れれやすいので、下記対策で予防していきましょう。

胸の形を整える!今すぐできる改善方法6選

胸の形が気なる方は、次の改善方法で胸の形を整えていきましょう。

※タップで各バストアップ対策法にスクロールします。

マッサージや筋トレなどで直接胸にアプローチすることで、ハリのある上向きのバストに改善できます。

効果が高い順に並べたので、試しやすいものから始めてみてください!

①バストマッサージで形の良いバストを目指す

バストマッサージのやり方胸の形を改善するのに効果的で手軽にできるのが以下のマッサージです。

  1. 脇の下を手で掴み10秒ほど揉む(両脇ともに)
  2. 両手をグーにし脇にあて、指の第二関節で押しながら腰まで下ろす(10回)
  3. 脇からから胸の下に向かってさする(5回)

マッサージすることで血流が促され。胸に栄養や女性ホルモンが届きやすくなります。

またマッサージを行う際は、マッサージクリームなどを使うのがおすすめ◎
※タップでマッサージクリーム詳細記事にリンクします。

肌の滑りが良くなり、肌に負担をかけることなくスムーズにマッサージできますよ。

②筋トレで上向きバストに近づく

バストアップできる筋トレ方法体力に自信がなくてもできる壁腕立て伏せは、大胸筋が鍛えられ胸が上に引き上げられます。

  1. 肩幅ほどに腕を広げて壁につける
  2. 壁と腕が垂直な状態から1歩後ろに下がる
  3. 息を吸いながら体重をかけて腕を曲げて1秒キープ
  4. 息を吐きながらゆっくり腕を伸ばす

回数:15回×3セット

筋トレをすると血流がよくなり、胸に栄養が届きやすくなるのもメリットです。

胸を支える筋力が低下すると、胸を支えられなず形が悪くなりやすくなります。

胸が垂れ気味な人やデコルテが削げたバストラインの人は、大胸筋を鍛えてボリュームを取り戻していきましょう。

③肩甲骨のストレッチでお椀型バストの土台作り

バストを整えるストレッチ方法以下のストレッチで肩甲骨をほぐし、形の良いバストの土台作りをしていきましょう。

  1. 肩幅ほどに足を広げて立つ
  2. 肩甲骨から前に引っ張るように両手を前に伸ばす
  3. そのまま両手を外側に腕全体で回転させる
  4. 両手のひらを上に向け、肘を背中側に寄せながら肩甲骨を寄せる

回数:10回

ストレッチで肩甲骨をほぐすことで姿勢が良くなり、胸が自然と上を向くようになります。

逆に姿勢が悪く肩甲骨が凝り固まっていると、胸の筋肉が衰えやすくなる原因に。
肩甲骨が柔らかくなると同時に、リラックス効果も得られるので試してみてください!

体の柔軟性を高めるのに効果的であり、準備運動や整理運動の一要素としても活用されています。最近では美しい姿勢の保持やリラクゼーションの効果が明らかとなってきました。

(出典:厚生労働省

④ナイトブラでボリューミーなバストに

ナイトブラは寝ている間に胸が流れるのを防ぎ、バスト周辺のお肉を正しい位置で固定してくれるブラです。

バストの垂れや形崩れ防止はもちろん、崩れたバストの矯正効果もありますよ。

特に胸にボリュームがあり、横に流れている・垂れているという方はナイトブラが最適!

またバストアップも期待できるので、ボリュームが気になる皿型の人にもおすすめです。

胸の形を改善してキープするなら、ナイトブラを必ず着用して寝るようにしましょう。

⑤美乳に効果のあるツボを押す

手軽に胸の形を改善するなら、以下のツボ押しを試してみてください。

壇中(だんちゅう)

膻中の場所と押し方「膻中」は女性ホルモンの働きを促す効果があり、胸の成長を助けられます。
さらに鎮痛安定作用もあるので、胸の痛みや息苦しさを感じたときにもオススメです◎

膻中(だんちゅう)には鎮痛安定作用があり、最初に書いた緊張や気分の不安、落込みなどにとても効果があり、これからの時期にもピッタリです。
さらに、イライラ、胸の痛み、息苦しさ、喉の痛み、自律神経の調節などにも効果があります

(出典:倉敷平成病院

【ツボの場所】
左右の乳首を結んだラインの中央部分。


【ツボの押し方】

  1. 三本指をツボにおく
  2. 息を吐きながらグーっと3秒ほど押す

回数:10回

乳根(にゅうこん)

乳根の場所と押し方「乳根」は女性ホルモンの分泌量を増やすツボで、胸の土台作りに効果を発揮します。
ゆっくり深呼吸しながら押すことがポイントです◎

【ツボの場所】
乳首から指2本分下。


【ツボの押し方】

  1. ツボに指を当てる
  2. 息を吐きながら3秒ほど押す

回数:10回

天溪(てんけい)

天溪の場所と押し方胸が小さい方やハリが無くなってきた方にオススメなのが「天溪」。
胸のボリュームに関わる乳腺の発達をサポートするツボです。

【ツボの場所】
乳首のラインから脇に向かったバストの付け根部分。


【ツボの押し方】

  1. ツボに親指をおく
  2. 息を吐きながら胸の内側(斜め上)にむけて5秒かけてグイーッと押し込む
  3. 押し切ったら、5秒かけて圧力を弱める

回数:10回

渕腋(えんえき)

渕腋の場所と押し方「渕腋」は栄養や女性ホルモンを胸に届けやすくするツボです。
わきのリンパ節の周辺なので、刺激することでハリのあるバストに近づけますよ◎

【ツボの場所】
乳頭から約10cm外側でワキの下の部分。


【ツボの押し方】

  1. ツボに親指を置く
  2. 息を吐きながら3秒かけてグーっと両方同時に押していく

回数:10回

上記のツボは、バストの土台となる女性ホルモンを増やしたり活発にすることができます。

押すだけで簡単なので、家事や仕事のスキマ時間にぜひ押してみてください!

⑥バストケアに必要な栄養を食事・サプリで摂取

食事やサプリメントで、体の内側から胸の成長に関わる女性ホルモンを増やすことも大切です。

代表的なものだと以下のような「イソフラボン」が摂取できる食品がおすすめ◎

  • 納豆
  • 豆腐
  • 豆乳
  • 味噌

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする成分で、乳腺を刺激し発達させてくれます。

乳腺は、エストロゲンの働きにより刺激され発達します。

つまりは体内で分泌されるエストロゲンに加え豆乳から摂取するイソフラボンの働きにより、よりバストアップ効果が高まるということです。

(出典:東京美容外科)

また忙しく自炊が難しい方などは、バストアップサプリを使うとバストアップに効く栄養素を手軽に摂れますよ。

食事はきれいなバストの土台づくりに欠かせないので、今日から食生活を見直してみてくださいね。

胸の形を整える効果を上げる3つのポイント

胸の形を改善する方法の効果を高めるなら、以下の3つを意識して取り組んでください。

  • 水をこまめにたくさん飲む
  • 月経後のタイミングに行う
  • マッサージ・ツボ押し・ストレッチは入浴後に取り組む

水をこまめに飲むことで血液の循環が良くなり、胸にスムーズに栄養を送れます。

全身の細胞にくまなく栄養が行き届くようにするためにも、水を充分に飲み、血液をサラサラの状態にしておくことが必要です。

(出典:NIPRO)

また月経後は女性ホルモンの分泌が活発になりやすいので、バストケアに最適なタイミング。
(出典:日本産婦人科医会

お風呂上がりは血流が良く筋肉もほぐれていて効率がいいので、マッサージやストレッチに取り組むなら入浴後がおすすめですよ。

胸の形を良くするバストケアに関するQ&A

Q.中学生・高校生で胸の形が悪いのを治したいのですが・・

成長期に発達してくる胸は、最初から左右均等に発達するわけではないので気にする必要はありません。

そもそもバストが左右対象な人はいないので、多少の形の違いは普通と考えましょう。

バストの左右の大きさや形の違いは、ほぼすべての女性に共通していることです。
そもそもバストに限らず、わたしたち人間の体は左右非対称にできています。

(出典:東京美容外科)

しかしバストケアは早いうちからしていて損はないので、上述で紹介したバストケアで形を整えてみてくださいね。

Q.産後に胸の形が変わってしまったのは治りますか?

産後に形が悪くなったバストでも改善は期待できるでしょう。

産後は授乳の関係でバストが大きくなり、授乳後は一気に萎んでしまいます

上述した方法で女性ホルモンの分泌を増やして乳腺の発達を助ければ、胸の形を整えることができますよ◎

Q.加齢で垂れた胸の形を改善することはできますか?

加齢で垂れてしまったバストも、綺麗な形に戻すことはできます。

そもそも年齢を重ねることで胸が垂れるのは、筋力の低下女性ホルモンの低下が原因。

筋力アップのトレーニングや女性ホルモンを増やすアプローチをすれば、綺麗なバストを取り戻せますよ◎

40代〜50代の方も「年齢だから…」と諦めずに、上述した方法を試してみてください!

Q.手術で胸の形は変えられますか?

以下のような施術方法の形成・豊胸手術で、形が悪くなった胸を良くできます。

  • ヒアルロン酸注射
  • 脂肪注入
  • シリコンパック
  • 切開手術

とはいえ費用が100万円前後かかるケースもある上に、定期的なメンテナンスが必要です。
お金も手間もかかるので、最終手段と考えておくのがいいでしょう。

明らかに胸の形がおかしい・気になる場合は医師に相談するのも手ですが、まずは上述した改善方法を試してからの検討をオススメします。

胸の形が横に広がるのですが、改善方法は?

胸の形が横に広がっている方は、ナイトブラを使用するのがおすすめです。

なぜなら胸が横に広がる原因として、睡眠中の重力が大きく影響するから。
睡眠中の姿勢はバストのお肉が脇や背中に流れやすいですが、ナイトブラならしっかりと固定できます◎

ナイトブラ習慣を続けることで、中央に寄ったキレイなバストに近づけるでしょう。

胸の形をきれいにする方法で理想のバストに近づこう

胸の形が悪くなっても、マッサージやトレーニングで良くすることはできます。

筋力アップや女性ホルモンを活性化してあげれば、ハリとボリュームのあるバストが戻ってくるはずです◎

生活習慣を見直しつつ、理想のバストを目指しましょう!

スポンサーリンク

ABOUT ME
外咲 愛
外咲 愛
1995年 東京生まれ。 下着のセレクトショップの店員で働いていたところ、ブランドマネージャーに声をかけられてLK.Fit編集部メンバーに。 昔から胸にコンプレックスがあり、様々なバストアップ方法を日々試し続けている。 お寿司がこの世で1番好きで、現在ハリネズミと暮らしている。