下着のHow to

【型くずれ防止&時短】ブラジャーの正しいたたみ方と収納方法を解説します

ブラジャーの正しいたたみ方と収納方法

「ブラジャーってどうたたんだらいいの・・・?」
「正しい収納法ってあるの?」

なんて悩んでいる女性は多いはず。

ブラジャーの型崩れを予防し、キレイな状態で長持ちさせるには正しく扱うことが大切です。
そこで今回はブラジャーの正しいたたみ方と収納方法を詳しくご紹介します。

一度マスターしてしまえば家事の時短にも繋がるので、しっかりチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

正しいブラジャーのたたみ方を解説!

早速ワイヤー入りブラジャー・ノンワイヤーブラジャーそれぞれのたたみ方をご紹介します。

どちらも形を崩さないよう、立体感を保ちながらふんわりたたむことが重要。
パッドはつけたままたたんでも構いませんが、カビ防止のためしっかり乾いてからたたみましょう。

ワイヤー入りのブラジャーのたたみ方

ワイヤー入りは折らずに形を維持したまま保管

ワイヤー入りのブラジャーは形を維持したまま折らずにたたみましょう。

【ワイヤー入りブラジャーのたたみ方3ステップ】

  1. ブラジャーの形を整えてホックを留める
  2. 両脇の生地がはみ出ていたら内側に折り込む
  3. ストラップをカップの中に入れて、完成!

無理に折りたたむとワイヤー部分が歪んで身体に沿わなくなったり、生地から出てくる可能性があります。

結果的にバストに影響を及ぼすことにもつながりかねないので、ていねいにたたむことを心がけてくださいね。

ノンワイヤーブラジャーのたたみ方

ノンワイヤーは真ん中から二つに折って保存

ノンワイヤーのブラジャーは真ん中から折ってたためばOKです。

【ノンワイヤーブラのたたみ方3ステップ】

  1. ブラジャーの形を整えてホックを留める
  2. カップが重なるように中央から折る
  3. ストラップや脇部分の生地をカップの中に折り込み、完成!

センター部分をねじったりカップを潰して重ねると破損に繋がる恐れがあるので控えましょう。

ノンワイヤーのナイトブラ・スポーツブラのたたみ方

元々パッドのないブラは四つ折りでコンパクトに

ノンワイヤーでなおかつ元々パッドが付いていないブラジャーは、四つ折りに小さくたたみましょう。

スポーツブラやナイトブラに多いタイプで、他のブラジャーのようにしっかりした形ではないので崩れにくいつくりになっています。

収納スペースに合わせてコンパクトにまとめるときれいにおさまりますよ◎

正しいブラジャーの収納方法を紹介

ブラジャーのしまい方は、以下のように収納する場所によって異なります。

※タップで各項目にスクロールします。

見た目も綺麗にまとまるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【引き出し編】仕切り板で区切ってスッキリ収納

引き出し収納は仕切り板を使って見た目も綺麗に

引き出しで保管する場合は、ブラが潰れないよう仕切り板を使って十分なスペースを作ることが大切です。
仕切り板は100均などで購入できますし、元々仕切りが付いている下着専用のチェストも展開されています。

ブラジャーの大きさや形によって幅を調節しながら収納すると、綺麗にまとめられて◎

量が多くて難しい場合時は使用頻度の少ないものを厳選し、カップを重ねて立てた状態で保管しましょう。

上に重ねるのは重みで形が崩れてしまうので、必ず縦に並べてまとめるようにしてくださいね。

【クローゼット編】ハンガーに吊るして収納

クローゼット収納はハンガーを用いて工夫する

クローゼットで保管する場合は、ハンガーを利用すると最小限のスペースにまとめることが可能です。

しかし長い期間掛けたままだと伸びてしまう恐れもあるので、使用頻度の多さによってかけ方を工夫する必要があります。

  • よく着るブラジャー
    ➾1つのハンガーにS字フックをいくつか吊るし、ストラップをかけて吊り下げる
  • たまに着るブラジャー
    ➾ポケット式のウォールハンガーに入れる

「日常用として毎週使う」「特別な日にしか使わないから出すのは1か月に一回くらい」など、お持ちのブラジャーを振り分けてから収納しましょう!

またカップ部分を支える形のブラジャー専用のハンガーもあるので、気になる方は百貨店などで探してみてくださいね。

ブラジャーを保管するときに注意すべきこと5つ

ブラジャーは下記のことに注意して保管するようにしましょう。

  1. カビの繁殖を防ぐために必ず乾かしてから保管する
  2. 湿気を溜まらせないために、除湿剤を置いたり空気の入れ替えを行う
  3. 色落ちを防ぐために日の当たらないところに保管する
  4. ほこりが付かないように、使用頻度が低いものも時々チェックする
  5. 虫食いを防ぐために防虫剤を置く

中には購入時に付いてきたビニールやポリ袋で保管する人がいますが、湿気が溜まりカビの繁殖に繋がりかねません。(参照:ブラジャーにカビが生える原因は高温多湿によるもの

時間の空いたときにでも定期的に点検するようにし、もし生地が傷んでいる場合は入れ替えるようにしましょう。

もっと知りたい!ブラのたたみ方・収納方法Q&A

Q.ブラ(ノンワイヤー)とショーツをセットにしてたたむには?

ノンワイヤーブラを半分にたたむ前に、カップ部分にたたんだショーツを入れてまとめるのがベストです◎

ショーツのたたみ方は以下を参考にしてください。

  1. パンツの前部分を表にして広げる
  2. 一方の端を中央に向けて1/3折り畳む
  3. もう一方の端を②と同じ幅に折り畳む
  4. ウエスト部分を上から下に1/3折り畳む
  5. ④と同じ幅で股部分を折り畳み、ウエストのゴム部分に差し込む

上記のたたみ方でブラとセットにすれば上下バラバラにならずキレイに収納できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Q.ブラトップ(キャミソールタイプ)のたたみ方は?

カップ付きのブラトップは、以下の手順でたたみましょう。

  1. 前部分を上にしておく
  2. 縦半分にたたみ、カップの山を揃える
  3. 裾を1/3ほど折り、肩紐をカップに入れる
  4. 裾側の袋になっている部分にカップを押し込む

上記の方法なら立ててしまえるため、型崩れせずコンパクトに収納できます。
ブラトップのたたみ方に悩んでいる方はぜひ試してみて下さいね。

Q.ブラを旅行に持っていく時のたたみ方・収納方法は?

旅行に持っていくときは形が崩れるのを防ぐために工夫する

たたみ方は上記でご紹介した通りですが、旅行にブラジャーを持っていくときはとにかく潰れるのを防ぐことが重要。

そのためカップ同士の間にショーツや靴下を入れて、なるべくスキマを埋めましょう。
パッドが取り外せるタイプは外して折りたたむことで、よりコンパクトにまとめることができます。

また下着専用のケース専用洗濯ネットに入れる方法も形を維持できるためオススメ。

どれだけガードしても詰め込みすぎると崩れるリスクが高まるので、荷物が多いときは無理やりまとめずバッグを分けることが大切です。

ブラジャーを正しく収納して長持ちさせよう

ブラジャーは正しく保管して形を守ることで、より長く使用することができます。
この機会に今までのブラジャーのたたみ方や収納の仕方を見直してみてください。

ブラジャーはこの先もずっと関わっていくアイテムなので、綺麗で効率的な保管方法を習得しましょう。

スポンサーリンク