下着のHow to

ナイトブラは昼間つけても大丈夫?日中も使えるナイトブラの特徴を紹介

昼間もつけていいナイトブラの条件

着心地が良く、付けるだけでバストの形を整えることができるナイトブラ。
その効果から、日中も使いたい・既に昼間も着ているなんて声もちらほら見かけます。

実際のところ昼間も使えるのか気になっている方も多いはず。
そこで今回はナイトブラを昼間もつけていいのか詳しく解説します。

「本当は日中も着ていたい!」なんて人必見です。

【結論】昼間のナイトブラ着用は基本NG!理由を解説します

ナイトブラは揺れには対応できない結論から言って、日中ナイトブラを着用するのは基本的にNGです。

ナイトブラは横になった状態のバストに合わせて作られているので、揺れに対するサポート力は低め。
歩く・走るなどの動作をすると、クーパー靭帯が伸びて下垂や型崩れに繋がる恐れがあります。
※タップで詳細ページにリンクします。

また生地が薄めだったりパッドが入っていないタイプが多いため、乳首が透けてしまう可能性も。

そもそも人に見られることを想定されていないので、昼用ブラよりも配慮が劣るのは仕方がないことです。

【逆もNG!昼用ブラでの睡眠は避けよう】

寝るときも昼用ブラを付けているとトラブルに繋がる寝るときも昼用ブラを付けていると、以下のような悪影響が及ぶ可能性があります。

  • バストの成長を妨げる
    →締め付けにより血行・リンパの流れが悪くなる
  • 色素沈着を起こして跡が残る
    →ワイヤー部分の摩擦で肌が傷つく
  • 睡眠が浅くなる
    →窮屈さからリラックスしきれない

トラブルを免れるためにも、昼用ブラでの睡眠は避けましょう。

ナイトブラと昼用ブラの違いって何?

昼用ブラは上向きの力・ナイトブラは中央に向いた力ナイトブラと昼用ブラの大きな違いは、バストを支える力が働く方向です。

  • 昼用ブラ:下向きにかかる重力から上向きに胸を支える
  • ナイトブラ:横向きにかかる重力から中央に向かって胸を支える

立っている時と寝ている時では体勢が違うので、体にかかる重力の向きも異なります。

それぞれの状況に適した構造に作られているということです。

昼間も使いたい人必見!選ぶべきナイトブラの特徴とは?

基本的に昼間には向いていないナイトブラですが、締め付け感がなく楽に過ごせるといった利点もあります。

「どうしても日中も身に着けたい!」という方は、以下3つのどれかに当てはまるナイトブラを選んで使用しましょう。

  1. 昼夜兼用として売られている
  2. サポート力に優れている
  3. パッドがついている

①昼夜兼用で販売されているナイトブラ

昼夜兼用ブラなら何時間付けても良い元から昼夜兼用として販売されており、胸を強めにホールドできるナイトブラを選びましょう。

着用時間の制限は特に定められていないため、24時間付けていても問題ありません。
ただし苦しさやしんどさを感じた場合は、無理せずに外してくださいね。

商品の有無はメーカーによって異なるため、よく確認してから購入しましょう。

②サポート力に優れているナイトブラ

日中の動きで起こる揺れからバストをガードできるもの以下3つのような効果がある、サポート力の高いナイトブラを選びましょう。

  • 寄せ上げて形を整える
  • アンダーバストをしっかり支える
  • サイドのホールド力が高め

これらの機能を持ち合わせているので、日中の動きで起こる揺れからバストを守ることが可能。

なるべく生地が厚く、ナイトブラ自体の形が立体的なタイプがオススメです。

③パッドが付いているタイプのナイトブラ

透ける心配が要らないパッド付きタイプが良いパッドが付いているナイトブラなら乳首が透ける恐れがないため、昼間に使用しても問題ありません。

睡眠時には抜くことができる取り外し可能のタイプがオススメです。

また昼間用ワイヤーブラジャーの効果には及びませんが、多少の谷間を作ることもできますよ。

ナイトブラを昼間に付けていいシーン・NGなシーンを紹介

日中にナイトブラを着用するときは、付けてもよいシーンと控えるべきシーンがあります。
理由も踏まえて紹介しているので、しっかり確認して把握しておきましょう。

日中にナイトブラを付けても良いシーン2選

①家を出ないリラックスDAY

リラックスしつつバストを補正できる一日中、家の中で過ごすような日ならナイトブラを付けても問題ありません。

逆に部屋着でワイヤー入りのブラジャーを付けているのも、疲れてしまいます。
かといってノーブラで過ごすと、下垂や型崩れに繋がる恐れがあるためNG。
※タップでノーブラのデメリットを具体的に解説しています

ナイトブラならリラックスしつつバストを補正でき、そのまま横にもなれるのでオススメですよ。

②近所への買い物など、短時間の外出時

身体の線が出るような薄い服は透ける可能性があるため注意軽い買い物などちょっとしたお出かけのときなら、ナイトブラを付けて出かけても平気です。

ただTシャツなど身体の線が出るような薄めの服を着ると、透けてしまう恐れがあるので注意してください。

恋人と会うときはオススメできませんが気の知れた友人など、気合を入れなくてもよい相手と会うぐらいなら問題ないでしょう。

日中にナイトブラを付けるのは避けるべきシーン2選

①体調があまりよくないとき

着圧で余計に体調が悪化してしまうリスクがある体調が優れないときのナイトブラの着用は避けましょう。

昼間は寝ているときより動くので、ナイトブラの着圧が余計にきつく感じて体調を悪化させてしまう可能性があります。

睡眠時もそうですが、無理してまで付ける必要はありません。

②長時間の外出をするとき

歩くだけの動作でもバストは揺れるので、長い時間外に出るときは着用しないようにしましょう。
前述したようにクーパー靭帯が傷ついて、バストが下垂するリスクが高くなってしまいます。

遠出する時やすぐに帰って来れなそうな場合は、昼用のブラジャーをしっかり付けるようにしてくださいね。

基本的に日中は昼用ブラ・夜はナイトブラで使い分けよう

基本的にブラジャーは、日中と夜でしっかり使い分けることが大切です。

ナイトブラは寝ているときの姿勢を基準として作られているため、昼間に付けていても本来と同じような効果を得ることはできません

状況に応じて適したブラジャーを身に着けるようにしましょう。

スポンサーリンク