下着のHow to

ヌーブラが胸から落ちる人必見!正しい使い方を紹介【ヌーブラに関する疑問も解説】

ヌーブラが落ちる原因と対策法

バストサイズに関係なく、誰でも簡単に谷間メイクができる”ヌーブラ”。
しかし装着中に落ちてきてしまい困ったことがある方も多いはずです。

そこで今回は、誰でも簡単にできるヌーブラが落ちた時の対策法を徹底解説します。

「ヌーブラは便利だけどうまく使いこなせない・・」なんてお悩みの方必見です。

ヌーブラが落ちる原因と対処法【正しい使い方も含めて解説】

着用中のヌーブラが落ちるのは、誤った使用方法で粘着力が低下した可能性が高いです。

以下に粘着力を弱める原因をまとめたので、自分に当てはまることがないか確認してみてください。

  • 付ける方法が間違っている
  • サイズが胸と合っていない
  • ヌーブラを付ける位置が違う
  • 何度も付け直している
  • 乾いていないまま付けている

ヌーブラは使用方法を守らないと粘着力がなくなり、すぐ使い物にならなくなってしまいます。
正しく使ってヌーブラの効果を存分に利用しましょう。

①正しい方法で付けて胸をしっかり盛る

清潔な状態にしてから正しく付けることが大切

大前提としてヌーブラを装着するときは正確な方法で付けることが大切。

まず付ける前にバストの汗やヌーブラの汚れを取り、乾燥させて清潔な状態にしましょう。
粘着面にほこりが付いている場合はガムテープを使うと簡単に取り除けるのでオススメです。

準備ができたら全身鏡で確認しつつ、優しく付けていってください。
もし自己流のやり方で貼ると剥がれる原因になるので控えるようにしましょう。

ヌーブラの正しい付け方5STEP

ヌーブラの付け方を5手順で説明

ヌーブラは以下の順に貼り付けていきましょう。

  1. ヌーブラを反り返す
  2. ホック部分がおへそを向く角度で胸の輪郭よりも少し上にカップの下部を貼る
  3. バストを持ち上げたいところまで上げる
  4. カップの上部をバストに貼る
  5. 胸を寄せてホックを付ける

思いきりバストを盛りたい人は縦気味に付けるのがオススメ。
脱ぐときは先にホックを外し、片方ずつゆっくり剥がしてくださいね。

【ヌーブラを付けるときの注意点】

ヌーブラは次の3点に気を付けて装着するようにしましょう。

  • なるべく粘着面は触らないようにする
  • 2回以上の貼り直しは避ける
  • バスト中央から離れすぎた箇所に付けない

上記の項目を守らないと粘着力が下がり、途中で落ちてくる可能性が高まるので注意してください。

②サイズはいつもより小さめのものを選ぶ

ブラジャーのカップ数より1サイズ下を選ぶ

ヌーブラはブラジャーのカップ数より1サイズ小さいものを選ぶのがコツ。

胸との間に隙間があるとうまく密着せず、剥がれるリスクが高まってしまいます。

普通のブラジャーでは御法度ですが、ヌーブラに限りサイズをずらして身体とフィットさせましょう。

ヌーブラのサイズ表をチェック!

アンダーサイズと普段付けているブラジャーのカップサイズから、自分に合ったヌーブラのサイズを調べてみましょう。

アンダーサイズ/
カップサイズ
65 70 75 80 85
Aカップ A A A B B
Bカップ A A B B C
Cカップ A B B B D
Dカップ C C C C D
Eカップ C C C C D
Fカップ D D D D E

メーカーやショップによってサイズ展開が異なる場合もありますが、大体のお店でA~Fサイズまで用意されています。

また基本的にヌーブラは試着ができないため、不安な人はランジェリーショップの店員さんに相談したり口コミを見るようにしてくださいね。

③洗うときは弱酸性の洗剤で手洗いをする

ヌーブラ専用のものか弱酸性の石鹸で手洗いする

ヌーブラ使用後は以下の順に沿い、必ず手洗いで汗や汚れを落としましょう。

  1. 片方の手にヌーブラをのせ、洗剤を泡立てて洗う
  2. カップについている泡を綺麗に流す
  3. 軽く振って全体の水分を飛ばす
  4. カップ外側の水分をタオルでとる

使用する洗剤は通常の石鹸では落ちにくい汚れや角質を落とせるヌーブラ専用のタイプがオススメ。

オイル成分が配合されていない弱酸性の洗剤であれば、家にある固形石鹸・ハンドソープ・ボディソープでも問題ありません。
洗剤容器の裏側に書いてある表記をしっかり確認してから使用するようにしましょう。

逆に洗濯機で洗ったりアルカリ性・中性の洗剤を使用すると、粘着力の低下や破損に繋がるので要注意。
若干面倒くさい作業ではありますが、使うごとにしっかりお手入れすることが大切です。

乾かすときは必ず自然乾燥させる

洗った後のヌーブラは日の当たらない場所で自然乾燥させましょう。

天日干しは日光の紫外線でシリコンが痛んでしまうのでNG。
またドライヤーなどの温風で無理やり乾かすのも破損に繋がるため避けてください。

仮に湿ったままでいるとカビが繁殖する恐れがあるので、ゆっくりでも完全に乾かすようにしましょう。

④保存するときは粘着面が傷付かないように守る

セロハンやサランラップを粘着面に付けて保存する

ヌーブラをしまうときは粘着面に繊維がつくのを防ぐために、なるべく他の衣服やタオルと密着させないことが大切です。

粘着面同士をくっつけたり、2枚張り合わせるのは絶対NG

購入時に付いてきたセロハンを粘着面に貼り戻して、買った状態のまま保管をするのがベストです。

もし既に捨ててしまった場合は専用のケースを購入するか、セロハンの代用としてキッチン用品のラップを使用しましょう。

そもそもヌーブラって何?基本的な機能を解説

ヌーブラは簡単に言うと『貼るタイプのブラジャー』です。
肌に触れる部分はシリコンでできており、粘着力で胸に直接貼り付けて使用します。

また背中のベルトがないため、留め具は胸の中心部。
胸に貼ってからフロントホックで固定するので、バストを寄せて盛ることが可能です。

基本的に肩紐が付いていないため、露出が多い服装でもブラジャーがみえる心配はありません。

ヌーブラの種類とそれぞれの特徴を解説

ヌーブラには5つの種類があり、趣旨やシーンによって使い分ける

一口にヌーブラと言っても、大きく分けて5つのタイプがありそれぞれ特徴も違います。

シリコンタイプ
  • シリコン100%で柔らかい
  • 本物のバストのような質感
  • ボリュームを出したい人向け
ワイヤー内蔵タイプ
  • カップの中にワイヤーがある
  • しっかり胸を収められる
  • バストのはみ出しが心配な人向け
エアーライトタイプ
  • 付け心地が非常に軽い
  • 締め付け感がほとんどない
  • 身体に馴染ませたい人向け
シームレスタイプ
  • 縫い目が全くない
  • 綺麗なシルエットを作れる
  • 洋服に響かないように着たい人向け
水着タイプ
  • 水をはじく能力が高い
  • 外側からホックが目立ちにくいデザイン
  • 海やプールで着用するとき向け

ヌーブラを付ける趣旨やシーンにあわせてタイプを選んでくださいね。

ヌーブラは機能性バッチリ!付けることで得られるメリット

谷間の演出や肩こりの防止もできる

ヌーブラにはルックスを整える役目だけでなく、他にもいくつか利点があります。

  • デコルテをふっくらさせて自然な谷間をつくる
  • 締め付けが少ないため解放感があり楽に着用できる
  • 下着のラインが出る心配をしなくて済む
  • 肩への負担がないため肩こりを防げる

付け心地がよく身体への負担も少ないため、1つ持っていて損はしません。

「ブラジャーの肩紐のせいで肩こりがひどい」なんて人は一旦ヌーブラに乗り換えて、肩を休めるのも一つの手段ですよ。

ヌーブラはいつ使うべき?活躍するシーンを紹介

海やパーティなどさまざまなシーンで便利

普通のブラジャーとは異なった特徴を持つヌーブラは、主に以下のような場面で役立ちます。

  • とにかく胸を盛りたいとき
  • パーティーなどでドレスを着るとき
  • 海やプールで水着を着るとき
  • 浴衣や着物など和装のとき

ブラジャーと併用もできるので「胸を盛りたいけど肩紐がないのは不安」なんて人でも問題なく使用可能です。

水着の色が白など透けやすそうな場合は、ベージュ系で肌に近い色味のヌーブラを選ぶようにしてください。

ヌーブラはさまざまなシーンで使えるため、うまく利用してファッションをより楽しみましょう。

ヌーブラに関する気になる疑問を解決!

Q.ヌーブラの粘着力を戻すことはできる?

一度粘着力が弱まったヌーブラを完璧に復活させることは難しいです。

ヌーブラ専用の接着スプレーを使用するのも一つの手ですが、ハッキリいって粘着力が増すのは一時的。

洗って乾かしても粘着力が戻らない場合は、思いきって新しいものを買いましょう。

Q.ヌーブラは何回ぐらい使える?

正しく扱えば100回以上は繰り返し使える

ヌーブラは正しく使用していれば100回以上繰り返し使うことが可能です。

しかし使い続けると粘着力は少しずつ落ちていきます。
使用回数を断言することはできませんが「粘着力がなくなってきたな」と感じたら買い替え時

使用後や保管するときにしっかりメンテナンスして、少しでもヌーブラの寿命を延ばしましょう。

Q.ヌーブラはどこで売ってるの?

ヌーブラは主に以下のような場所で販売されています。

  • ランジェリーショップ
  • バラエティショップ
  • ネット通販

上記の中でお手頃に購入できるチャンスが多いのはネット通販です。
なかでも下着専門店などの公式サイトだと信頼性もあるのでオススメ。

しっかり調べて品定めしてから購入するようにしましょう。

Q.ヌーブラの平均価格はどのくらい?

ヌーブラの平均的な相場は約3,000~7,000円程度

ヌーブラの平均的な相場は約3,000円~7,000円

ワンコインで買える安いものから1万円と高額なものまで価格の幅は広めです。
値段が高いほど耐久性はありますが、お手入れ次第で変わるため粘着力がなくならないとは言いきれません。

ヌーブラ初心者さんは手軽に購入できる1,000円以内のものからスタートするのがオススメ。
ショップによって価格設定は異なるのでよく確認してみましょう。

Q.ヌーブラを付けたらかぶれたり肌荒れしない?

閉じ込められた汗や湿気から起こるあせもには注意

基本的にヌーブラ自体が肌荒れの原因にはなりませんが、まれに「あせも」ができるケースがあります。

肌と接着するシリコンは水分を吸収しないのが特徴。
そのためヌーブラ内でかいた汗や湿気は閉じ込められ、蒸れて肌トラブルを起こす可能性があります。

もし肌に異常が起きた場合は一旦ヌーブラの使用を控えて、常に荒れた箇所の清潔を保つことが大切。

状態がひどかったり治らない場合は放っておかず、皮膚科に行って医師に診てもらってください。

Q.ヌーブラを使い続ければ自然と胸は真ん中に寄るの?

結論から言ってヌーブラを付け続けても、胸自体が寄ったり大きくはなりません。

あくまでもヌーブラはバストを寄せて盛るアイテムであり、胸の形を補正することは不可能です。

あくまで付けている間の一時的な措置と認識しましょう。

Q.ヌーブラは元々胸が大きい人でも使える?

ヌーブラはバストが元々大きい人にも便利

ヌーブラはプチ胸さん専用と思われがちですが、バストサイズが大きい人も使用可能です。

肩紐が付いていないためバストの重みで肩にかかる負担を低減
また胸が大きい人がなりやすいバストの横広がりを防いで、サイドをスッキリさせることができます。

ヌーブラでご自身のボリューミーなバストを活かし、谷間を綺麗に見せましょう。

正しく使用してヌーブラの耐久性を守ろう

ヌーブラは正しい使用方法と注意点さえ習得してしまえば女性にとって最強のアイテム。

途中で落ちないようにするにはしっかり扱って、ヌーブラの耐久性を守ることが大切です。

うまく使いこなして自然でなおかつ美しいバストラインをつくりましょう。

スポンサーリンク