基礎知識

胸にできた肉割れは治せる?原因と対処法を解説!【事前にすべき予防方法も紹介】

バストの肉割れを対処・予防する方法

基本的に身体中どこにでもできる”肉割れ”
実はバストにも肉割れの線が入ってしまうことは珍しくはありません。
「胸が肉割れして不格好・・・」と悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は胸の肉割れを改善する方法をご紹介します。
そもそもの原因や予防法も解説しているのでぜひ確認してみてくださいね。

そもそもバストの肉割れはどうして起こるの?どんな状態になる?

そもそも肉割れとは皮膚の急激な伸びに真皮を中心とした繊維芽細胞やコラーゲン繊維が耐えられず、裂けてしまう現象のことです。

主に急激な体重増加肌の潤い不足が原因で、細かい傷が何本も皮膚に刻まれたような状態になります。

【肉割れが起きる仕組み】

肉割れが起こる仕組み

(出典:シロノクリニック大阪

バストは以下2つの特徴を持つことから、肉割れが起こりやすい箇所とされているんです。

  • 皮下脂肪が厚い
  • 皮脂量が少なく乾燥しやすい

症状が起こる範囲はバスト全体や下部のみ、内側など人によってさまざま。

また肉割れが起こると乾燥からかゆみが発生する場合もありますが、刺激を与えると深刻化する一方です。
それ以上の悪化を防ぐため、こまめに肌を保湿して辛抱してくださいね。

赤い肉割れと白い肉割れの違いは?

症状が起きた直後は赤色だが時間が経つにつれて白色に変化する肉割れには赤い線と白い線の2種類があり、色は症状が起きた過程に沿って変化していきます。

  • 赤い線:初期段階で早めにケアをすれば治る確率が高い
  • 白い線:できてしばらく経っているので改善しにくい

(出典:恵比寿美容クリニック

肉割れが起きた直後は皮膚から毛細血管が透けてみえるため、赤や紫の線に変化。

一見深刻に思えますが傷が赤いうちは改善の余地があるので、気付き次第早めにケアするようにしましょう。

胸の肉割れは治すことができる!2つの対処法

胸に肉割れを起こしてしまったら以下2つの対処法を実践してみてください。

  • クリームを併用して患部をマッサージする
  • 美容外科に通院して治療する

できるだけ肌をケアして、少しでも目立たなくしましょう。

まずはクリームを併用して患部をマッサージする

クリームを使用してマッサージすることで肉割れの改善が見込まれる胸の肉割れを改善するには、まずクリームを併用してマッサージすることが大切です。
乾燥を防ぎ血行の流れが良くなるため、肌の再生力を高めることができます。

胸の肉割れ改善に効果が期待できるマッサージ方法を実践してみましょう。

  1. 右手で左胸、左手で右胸にクリームを塗る
  2. バスト全体にクリームを馴染ませる
  3. 両手で胸を持ち上げて下から上に揉んでいく
  4. 鎖骨から脇へとリンパの流れを意識しながらマッサージする

(出典:恵比寿美容クリニック

皮膚が柔らかく、成分が浸透しやすい入浴後のタイミングで行うのがベスト。
また強い力を加えると肉割れが悪化する危険性があるので、痛みを感じない程度に優しくケアしましょう。

肉割れに効くクリームの主な成分は?

マッサージをする時は”肉割れ専用クリーム”を使用するのが理想的です。
しかし以下のような成分が入っていれば、市販されているものでも効果に期待ができます。

  • ビタミンC誘導体
  • FGF(繊維芽細胞増殖因子)
  • アラントイン
  • シラノール誘導体
  • EGF(上皮成長因子)
  • 葉酸
  • ヘパリン

(出典:恵比寿美容クリニック

上記の成分はコラーゲンの合成化に優れており、馴染ませることで肌の生まれ変わりを促すことが期待されています。
市販のクリームを使用する場合は、パッケージの裏に記載されている成分をよく確認して購入するようにしましょう。

どうしても気になったら美容外科に通院して治療する

最終手段として美容外科での治療も方法の一つクリームを塗っても治らず、どうしても気になるという場合は美容外科で治療をおこなうのも手の一つ。
治療方法はレーザー治療炭酸ガス治療の2種類が一般的です。

  • レーザー治療
    ➾特殊なレーザーを当てて代謝をよくし、皮膚の再生能力を高める
  • 炭酸ガス
    ➾血液を改善するガスを真皮に注入して、皮膚のコラーゲン生成を促す

(出典:美容外科エースクリニック)

両方とも目に見えた効果は実感しやすいものの、5~6回は通院が必要。
価格もトータル20万前後はかかってしまいます。

金銭面や身体への負担などを考慮してまずはセルフケアに取り組み、美容外科での治療は最終手段として残しましょう。

元々肌が弱かったりアトピー性皮膚炎の人は施術が難しい場合もあるので、医師に相談してみてくださいね。

胸が肉割れする原因は?【注意すべき6つの要点】

胸に起こる肉割れは主に以下6つの要因が関係している可能性が高いです。

  1. 急激な体重の増加
  2. 成長期に多くみられるバストの発育
  3. 産後のバストの変化
  4. 筋トレによる筋肉の増加
  5. 肌の潤い不足
  6. 服用している薬の副作用

上記の中で自分に当てはまる項目はないか確認してみましょう。

①急激な体重の増加

急に太ると皮膚が耐えられずに避けてしまう実は肉割れが起こる大半の原因が体重の増加によるものです。

バストは主に脂肪組織から成り立つため、体重の変化に影響されがち。(出典:東京美容外科)
脂肪が増えることで皮膚が引っ張られて真皮層にダメージがかかり、裂ける可能性が高まってしまいます。

さらに短期間で増加した場合は負担が倍になり、より肉割れのリスクがあがるので要注意です。

②成長期に多くみられるバストの発育

バストが急激に発達すると胸の皮膚が張り、真皮が裂けて肉割れする可能性があります。

こういった発育による肉割れは、成長期である中学生や高校生に起こりがちです。
しかし成長期に生じる体型の変化は止められないため、正直致し方ないとしか言いようがありません。

「まだ若いのに?」なんて意見もあるかもしれませんが、肉割れの症状は年齢に関係なく起こるものと考えましょう。

③産後のバストの変化

妊娠時に起こる体型の変化に皮膚は対応できない妊娠時に起こるバストの変化に皮膚が耐えられず、肉割れが起きるケースは少なくありません。
この時期に発生する肉割れが、女性ならよく耳にする妊娠線マタニティマークと呼ばれるもの。

また妊娠中には肌の弾力性を低下させるグルココルチコイドの分泌が増えるので、余計にリスクは高くなります。

特に母乳を与えている方は一層胸が張るので、より注意が必要です。

④筋トレによる筋肉の増加

筋トレが肉割れの原因になる場合も十分に考えられます。

体を鍛えると筋肉が増加し体のサイズが大きくなりますが、筋肉や脂肪を覆っている皮膚はすぐ変化に対応できません
皮膚の中に急激に筋肉が増えたことでピンと張った状態になり、内側の皮膚が破れてしまう恐れがあります。

「元から筋トレが好き」「ダイエット中だから鍛えたい」なんて人は特に注意しましょう。

⑤肌の潤い不足による乾燥

肌が乾燥していると肉割れが起こりやすい肌の水分量が少なく乾燥していると肉割れが起こる可能性が高いです。

潤いが足りていない皮膚は柔軟性が衰え、より裂けやすくなります。
また肌がカサカサだと肉割れが生じる際に痛みやかゆみを感じる場合も。

秋冬の空気が乾燥している季節は特に注意が必要です。

⑥使用・服用している薬の副作用

普段から使用している薬の副作用が肉割れの原因になるケースもある比較的に可能性は低めですが、普段から使用している薬が肉割れの原因になるケースもあります。

湿疹やアトピー性皮膚炎の炎症を抑えるステロイド剤は、皮膚が薄くなる場合があるので注意が必要です。(出典:さぎのみや皮膚科クリニック)

また乳がんなどの治療で処方されることの多い抗がん剤は、副作用としてむくみやすくなります。

むくみによって皮膚が伸び、結果的に肉割れに繋がるというわけです。

胸の肉割れを起こさないための予防方法3選

胸の肉割れは以下3つの予防法を実践することで避けられる確率があがります。

  1. 急な体重増加は避ける
  2. クリームで保湿して肌の潤いを保つ
  3. 胸のサイズに合ったブラジャーを付ける

一度できると完璧に治すことは難しいため、起こる前からケアをして備えましょう。

①食べ過ぎによる急な体重増加を避ける

急な体重増加を防ぐために暴飲暴食は避ける肉割れを防ぐにはなるべく体重増加を避けるため、急に太らないよう気を付けることが大切です。

傷のない綺麗なバストでいたいなら暴飲暴食は言語道断のため、食生活にも意識を向けるようにしてくださいね。

しかし妊娠期間の体型変化は仕方がないので、日頃からクリームで保湿をして備えましょう。

②クリームで保湿して肌の潤いを保つ

風呂上りにクリームを塗りこみしっかり保湿する肉割れ防止にはクリームを用いた肌の保湿が有効的です。

塗るタイミングは血行の良いお風呂上りがオススメ。
シャワーで済ませず湯船にゆっくり浸かると、より浸透しやすくなります。

細胞の奥まで届くようにしっかり塗り込み、肌の乾燥を避けましょう。

ビタミンCを摂取して内側からも乾燥を防止

普段からビタミンCを体に取り入れるように意識することも、肌の乾燥を防ぐ要素になります。
コラーゲンの合成に必要不可欠なビタミンCを摂取することで、体の内側からも肌に潤いを補給できるんです。

ビタミンCが多く含まれる食材はレモンなどの柑橘類やイチゴですが、時期等で難しい場合はジュースなどの加工品でも◎
定期的に補ってコラーゲンの生成を促し、肉割れが起こるのを避けましょう。

③胸のサイズに合ったブラジャーを付ける

肉割れ予防には自分のバストに合ったサイズのブラジャーを付けることも肝心です。

きつかったりブカブカの状態だとクーパー靭帯が損傷し、胸のハリが失われて下垂に繋がります。※タップで詳細ページにリンクします。
胸が垂れると必然的に肌も伸びるので、肉割れのリスクも高まってしまうのです。

自分のバストサイズを把握したうえで、しっかり胸を守りましょう。

寝るときはナイトブラでバストを保護しよう

睡眠時はナイトブラバストをダメージから守る睡眠時はナイトブラを付けて、寝返りや重力からバストにかかるダメージを防ぎましょう。
また着用することで形を整えたり、バストアップ効果も期待ができます。

肉割れを予防すると同時に胸の魅力もアップできるので、まさに一石二鳥です◎

肉割れを起こす前からケアをして備えよう

肉割れは一度できてしまうと完治することは難しいため、事前に備えておくことが大切です。

既に炎症が起きてしまっている人は放っておくほど治りにくくなるので、すぐに対処に取り掛かってくださいね。

胸の肉割れを少しでも改善し、綺麗で魅力的なバストを目指しましょう。

スポンサーリンク